官公庁

会計法令の解説

官公庁の会計実務や契約実務を理解する、会計法令をマスターするコツ

官公庁に求められる公平性 国や地方自治体、独立行政法人、国立大学法人などの公的組織は、国民からの税金を財源として運営しています。事業を行う場合には、税金を使用して、民間会社と契約し実施しています。 原資が税金であ...
2018.09.04
営業担当

官公庁との取り引きを始めたい営業担当者に知ってもらいたいこと

官公庁との取り引きを希望する営業担当者向けの解説です。民間会社の営業担当者が初めて官公庁と取り引きを行うときに知っておきたい情報です。契約実務担当者から見たときに契約を依頼したいと思う営業担当者についての解説です。
2018.09.04
営業担当

官公庁から見積書の提出を依頼されたときの対応方法、営業担当者向け

見積書を依頼されたら 民間会社の営業担当者向けの解説です。 官公庁などの契約実務担当者から、物品販売に関する見積書の提出を依頼されたときの対応について解説します。 いつも取引している相手であれば、見積書の提出について、細か...
2018.09.04
基礎知識

契約の基本概念を学ぶ、具体例で双務契約の債権債務の発生を理解

官公庁の契約実務担当者に必須の基礎知識「契約」について、初心者向けにわかりやすく詳しく解説します。国民の税金を使用する官公庁の契約手続は、会計法令に基づく手続きが必要です。契約の成立や債権債務の発生時期について具体例で説明します。 契...
2018.09.04
会計法令の解説

検査の具体的な方法、検査が必要な理由と根拠法令、代金支払の条件

給付の完了の確認検査についての解説です。官公庁が締結する契約では、代金を支払う前に検査が必要です。検査を義務付けている理由、根拠法令の解説、実際に検査を行うための具体的な方法を説明します。検査は契約実務担当者に必須の知識です。
2018.10.02
会計法令の解説

官公庁の会計実務は年度末に注意、会計年度所属区分を正しく理解

年度末の会計年度所属区分の解説です。官公庁の会計実務で注意が必要なことは、年度をまたぐ時期の単年度予算の支出処理です。前年度予算と新年度予算の区分を正しく理解することが重要です。予決令第二条について具体例を基にくわしく説明します。
2018.11.02
会計法令の解説

契約書は150万円以下なら省略可能、事前に作成の必要性を判断し明示

契約書の作成や記載事項についての解説です。官公庁が契約を締結するときは事前に契約書の取り交わしについて、契約の相手方へ明示しなければなりません。契約書の省略は150万円以下なら可能ですが義務ではありません。根拠法令を基に説明します。
2018.11.07
会計法令の解説

検査と監督の解説、会計や契約実務を担当する公務員に必須の知識

官公庁の契約実務に必須の知識です。「検査」と「監督」の業務内容の違い、兼職禁止の意味を理解することが重要です。「検査」と「監督」は法律によって明確に規定されています。代金の支払前には「検査」が義務付けられています。
2018.11.07
会計法令の解説

一般競争入札が官公庁契約の原則、例外として指名競争と随意契約

原則は一般競争契約(公開入札) 契約手続の原則は、一般競争契約(不特定多数の者による入札)であることを法律で定めています。 会計法 第二十九条の三  契約担当官及び支出負担行為担当官(以下「契約担当官等」という...
2018.11.07
契約手続き

官公庁が必要とする見積書は2種類、見積もり合わせの方法と根拠法令

官公庁の会計実務で必要になる見積書についての詳しい解説です。見積書の正しい知識、参考見積書との違い、見積書の法的な役割、見積書の依頼方法、見積書のチェック項目、見積もり合わせ等をわかりやすく詳しく解説します。
2018.11.09
スポンサーリンク