官公庁

基礎知識

知らなかった!「見積書」には2つの種類があった、営業担当にも必須

官公庁の会計実務で必要になる見積書についての詳しい解説です。見積書の正しい知識、参考見積書との違い、見積書の法的な役割、見積書の依頼方法、見積書のチェック項目、見積もり合わせ等をわかりやすく詳しく解説します。
2021.01.22
契約手続き

「仕様書」の書き方がわからない? 作成するときの基本的考え方

官公庁の契約手続きに必要な「仕様書」についての解説です。一般競争入札や随意契約を行う際には「仕様書」が必要です。契約金額の少ない契約では、省略したり、簡単な記載で契約できることもあります。しかし、一定規模以上の契約では「仕様書」が必要です。
契約手続き

請求書や納品書、見積書などが必要な理由、「契約書類一覧」の解説

官公庁(役所)の契約手続きに必要な書類一覧です。民間企業から取り寄せたり、契約実務担当者が作成する書類について、「なぜ必要なのか?」という視点からまとめました。契約書類の役割、必要とする根拠法令を確認したいときに役立ちます。
2021.01.16
スポンサーリンク
出張旅費

これで「旅費事務」を効率的に学ぶ!官公庁の旅費関係法令の一覧

「旅費事務」を学びたいときは、基本法令を把握すると効率的です。国や地方自治体の旅費関係法令の一覧を記載してます。旅費の事務手続きは、とても複雑です。基本法令を理解し、ケースバイケースで判断して事務手続きを進めていくことになります。
2021.01.16
出張旅費

出張が終わってからでは遅い!「出張報告書」の正しい書き方

官公庁の「出張報告書」についての解説です。なぜ「出張報告書」が必要なのか、どのように書いたら良いのか、わかりやすく説明します。出張先で注意しておきたいポイントを、事前に把握しておくと書きやすいです。訪問先や宿泊先で役立つ情報です。
2021.01.16
基礎知識

会計実務担当者の「基本中の基本」、意外と知らない大原則とは?

官公庁の会計実務を担当するとき、最初に知っておきたいこと、理解しておきたいことです。「基本中の基本」の解説です。会計法令をマスターするメリットです。
2021.01.16
営業担当

「嫌われる営業担当者」の共通点から学ぶ「信頼できる営業担当者」

官公庁(役所)への「営業」についての解説です。営業担当者にとって、安定的な受注が可能になれば、かなり営業成績が上がります。特に、取引相手が官公庁なら安心ですし、自社の宣伝にもなります。契約を獲得できる「信頼できる営業担当者」の解説です。
2021.01.16
会計法令の解説

わかりやすい「契約方式」の根拠法令、随意契約が可能な金額一覧

契約方式の根拠法令一覧です。国と地方公共団体について、主な契約の種類別にまとめました。物品購入契約、工事・製造契約、請負契約について、随意契約や指名競争入札が可能な範囲、その根拠法令です。市町村は、基準額が半分に抑えられています。
2021.01.16
会計法令の解説

もう一度「会計年度」を理解しよう、わかりやすい解説

官公庁の予算の集計単位である「会計年度」についての解説です。日本の官公庁は、4月から翌年3月までの「会計年度」を基準として予算を組み、国会や議会の承認を得ます。事業を行うときの予算の集計単位、予算を使用するときの会計年度所属区分の解説です。
2021.01.16
会計法令の解説

もう、取り返しがつかない!そうなる前に「会計年度所属区分」を理解

年度末の「会計年度所属区分」の解説です。官公庁の会計実務で、年度末に注意したいことは、年度をまたぐ時期の単年度予算の支出処理です。前年度予算と新年度予算の区分を正しく理解することが重要です。予決令第二条について、具体例でくわしく説明します。
2021.01.16
会計法令の解説

知らないと恥ずかしいかも?契約書に貼る「印紙」、「非課税」範囲

契約書や請書に貼付する印紙についての詳しい解説です。官公庁が民間会社と契約するときに作成する契約書や請書は、印紙の貼付が必要です。官公庁は印紙税法別表第二で非課税法人です。印紙を貼る文書の種類は別表第一で課税か非課税か区分されています。
2021.01.16
基礎知識

え?官公庁で「会議費」なんて使っていいの?判断基準の解説

税金を運営財源とする官公庁では、会議費や慶弔費、交際費などを支出するときに、判断に迷うことが多いです。会計法令や条例などに規定が存在せず、他の支出例などを基に検討することになります。そこで官公庁関係の交際費や慶弔費について調べました。
2021.01.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました