官公庁

スポンサーリンク
会計法令の解説

官公庁の会計実務は「年度末に注意」、会計年度所属区分を正しく理解

年度末の「会計年度所属区分」の解説です。官公庁の会計実務で、年度末に注意したいことは、年度をまたぐ時期の単年度予算の支出処理です。前年度予算と新年度予算の区分を正しく理解することが重要です。予決令第二条について、具体例でくわしく説明します。
2019.11.29
基礎知識

官公庁が支出する会議費や交際費などの「判断基準と判例」

税金を運営財源とする官公庁では、会議費や慶弔費、交際費などを支出するときに、判断に迷うことが多いです。会計法令や条例などに規定が存在せず、他の支出例などを基に検討することになります。そこで官公庁関係の交際費や慶弔費について調べました。
2019.11.26
営業担当

「営業担当者向け」官公庁と取り引きを始める方法、営業の心構え

官公庁との「取り引き」を希望する「営業担当者」向けの情報です。民間会社の「営業担当者」が、官公庁と初めて取り引きを行うときに知っておきたい情報です。契約実務担当者から見たときに、「契約を依頼したい」と思う営業担当者の心構えを解説します。
2019.11.22
スポンサーリンク
会計法令の解説

契約書に貼る「印紙」の解説、官公庁は「非課税法人」、効力への影響

契約書や請書に貼付する印紙についての詳しい解説です。官公庁が民間会社と契約するときに作成する契約書や請書は、印紙の貼付が必要です。官公庁は印紙税法別表第二で非課税法人です。印紙を貼る文書の種類は別表第一で課税か非課税か区分されています。
2019.11.01
会計法令の解説

「会計年度」が必要な理由を正しく理解する、予算の「基本単位」

官公庁の予算の集計単位である「会計年度」についての解説です。日本の官公庁は、4月から翌年3月までの「会計年度」を基準として予算を組み、国会や議会の承認を得ます。事業を行うときの予算の集計単位、予算を使用するときの会計年度所属区分の解説です。
2019.10.01
契約手続き

官公庁が必要とする「見積書」は2種類、「見積もり合わせ」とは

官公庁の会計実務で必要になる見積書についての詳しい解説です。見積書の正しい知識、参考見積書との違い、見積書の法的な役割、見積書の依頼方法、見積書のチェック項目、見積もり合わせ等をわかりやすく詳しく解説します。
2019.09.06
会計法令の解説

「官公庁の予算」は誰が決めているのか、国会と議会による承認

「官公庁の予算」についての解説です。国や地方公共団体が実施する事業に必要な予算は、国会や議会の承認が必要です。官公庁で会計実務を担当する人に必須の知識です。予算は、誰がどのように決めているのか、法令に基づいて説明します。
2019.08.06
会計法令の解説

会計法令を短期間でマスターする方法、自腹で「財政小六法」購入

官公庁の会計実務に必須の「会計法令をマスターするコツ」です。国や地方公共団体などの公的組織で働く人は、会計法令を理解して事務手続きを進める必要があります。不思議なことに「財政小六法」等を自腹で購入すると、理解が早まります。
2019.07.02
会計法令の解説

契約方式の根拠法令を簡単に知りたいとき、契約種類別の根拠一覧

契約方式の根拠法令一覧です。国と地方公共団体について、主な契約の種類別にまとめました。物品購入契約、工事・製造契約、請負契約について、随意契約や指名競争入札が可能な範囲、その根拠法令です。市町村は、基準額が半分に抑えられています。
会計法令の解説

誰も教えてくれない会計法令をマスターする「コツ」、仕事を楽しむ

会計法令をマスターする「コツ」とメリットの解説です。官公庁の会計実務は、会計法令を正しく理解することで飛躍的に処理スピードが速くなります。会計法令をマスターすれば、毎日の生活が劇的に変化します。周りの人から信頼され友人が増えていきます。
2019.03.13
スポンサーリンク