知らないと恥ずかしい!「103万円と130万円」の違いは常識?

スポンサーリンク
給与謝金
国立競技場
給与謝金

給与実務担当者が間違えやすい、「103万円」と「130万円」の違いについての解説です。所得税法上の「扶養親族」控除と、健康保険上の「被扶養者」認定を理解することが大切です。年末調整手続きで注意したいポイントです。

スポンサーリンク

年末調整とは

 

最初に、「年末調整」については、毎年、内容が変わります。必ず最新の情報に基づいて年末調整手続きを行ってください。不明な部分は、最寄の税務署へ問い合わせしましょう。

 

年末調整を行うとき、ミスが起こりやすい部分の解説です。年末調整は、1年間の所得税を精算し確定させる手続です。毎月の給与から天引きされている所得税は、概算金額です。そして、少し多く天引きされているのが通常です。12月の最後の給与で年末調整を行い、多くの人が所得税の還付を受けます。つまり、年末調整を忘れると損をすることが多いです。

 

参考とする資料は、国税庁の「年末調整のしかた」です。国税庁のサイト「パンフレット・手引」の後半の方に「年末調整関係」があります。Googleなどの検索サイトで「国税庁 年末調整のしかた」でも検索できます。

パンフレット・手引|国税庁

 

年末調整(所得税)は、頻繁に法令が改正されます。毎年変わります。必ず、該当する年の「手引き」に基づいて計算します。また、判断に迷ったときは最寄りの税務署へ電話で確認します。税務署は丁寧に教えてくれます。

 

税務署へ尋ねると、逆に怒られたり、税務調査を受けるのではないかと躊躇する人がいますが、そんなことはありません。税金は複雑です。多くの人は「わからない」のです。税理士という国家資格が必要なほど税金の取扱いはむずかしいものです。普通の人は、税金の取扱いを完全に理解できないので、税務署は丁寧に教えてくれます。時間があるなら予約して直接訪問するのも良いでしょう。

税務署へ相談にいくときの電話予約

来署によるご相談は、電話予約をお願いします|国税庁
スポンサーリンク

年末調整の基礎知識

 

年末調整では、次の用語を理解しておく必要があります。

 

「所得」は、「収入」ではない

 

「収入」から必要経費を控除した差額が「所得」です。

「必要経費を除く」ということを意識してください。「所得」と「収入」は異なります。「必要経費」は、収入を得るために支払った費用です。売上原価や販売費などです。会社員の場合は、あまり深く考えなくて大丈夫です。


所得 = 収入 ー 必要経費

 

収入から必要経費を除いた部分が所得になります。そして会社員や公務員などの必要経費は、一定の金額を必要経費とみなして、控除することになっています。

 

給与所得控除後の給与等の金額

 

所得金額を求めるために、一定の金額を「必要経費」として控除した金額が定められています。毎月、給与をもらう会社員などの場合には「必要経費」を詳細に算出するのは困難なので、一定額を「必要経費」とみなしています、これを所得控除と言います。

 

スポンサーリンク

「103万円」・・これは所得税の話

 

所得税の話をするときに、「年間103万円以下かどうか」話題になることが多いです。

 

所得税の対象となる金額は、収入ではなく「所得」に対して課税されます。65万円未満の給与収入の場合には、所得は0円になり、所得税がかかりません。

 

この65万円と、給与収入から、全員が一律に控除できる「基礎控除額」38万円加算した金額が103万円です。つまり103万円以下の収入なら所得税はかからないのです。このため「103万円」という金額が「扶養親族」の上限収入になり、頻繁に使われています。(2019年12月現在)

 

スポンサーリンク

「130万円」・・これは健康保険の話

 

上記の103万円は、所得税がかからない範囲の「給与収入」のことです。

一方、「130万円」は、社会保険(健康保険や共済組合)の「被扶養者の認定基準」の金額です。

 

協会けんぽ 健康保険の被扶養者 認定基準
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat320/sb3160/sbb3163/1959-230#7-a

 

そして、被扶養者の判定で用いる130万円の給与収入については、「必要経費」や「所得」という概念はありません。

 

「所得税は103万円」、「被扶養者は130万円」と覚えておくと良いです。

 

また、130万円の被扶養者の認定基準はかなり厳しく、細かな要件が定められています。

 

スポンサーリンク

年末調整の注意点

 

年末調整の判断日(年齢や収入金額など)は「12月31日現在」で行います。

 

扶養親族の所得(収入)確認

 

年末調整では、証明書の添付が義務付けられているものは、保険料控除や住宅借入金等特別控除です。証明書が必要なものは、国税庁の「年末調整のしかた」に説明があります。

 

扶養親族の収入については申告額のみで裏付け資料の保存は義務付けられていません。しかし通常、年末調整の手続は、給与担当部署と兼ねていることが多いので、会社の給与を支払う際の扶養手当や社会保険などの被扶養者のデータを用いて、内容を確認することが求められています。

 

内縁関係の配偶者は対象外

 

年末調整で所得控除の対象となる配偶者とは、婚姻の届出をしている配偶者に限られます。内縁関係は認められません。

 

家族の国民年金保険料も控除の対象となります。ただし、証明書の提出が義務付けられています。また、国民年金は前納制があり来年の分まで支払っている場合にも1年以内のものは対象となります。日本年金機構から控除証明書が郵送で送られてくるので、証明書類は保存しておきます。

 

中途採用などで、1月から12月の間に職場が変わった人は注意が必要です。前職分のデータ(給与支給総額と源泉徴収済の税額)を計算に含めるのを忘れてしまうと、年末調整の計算が正しく算定されません。所得税の徴収もれで本人が不利益になることがあります。転職などをした人は、必ず前職分の源泉徴収票を年末調整担当部署へ提出しましょう。

 

スポンサーリンク

年末調整で正しく計算されない主なケース

 

前職のデータ(源泉徴収票)忘れ

社会保険料の申告忘れ

住宅借入控除の申告忘れ

 

この3つを忘れると、年末調整の計算が大きく変わります。特に、前職のデータ(源泉徴収票)忘れは、所得税を多額に追徴する原因になり、とても痛いです。


本サイトの「電子書籍」販売中!


「見積書って、どうやって依頼するの?」

「予定価格の作り方が、全然わからない!」

「どうやったら仕事が覚えられるのだろう?」


初めて担当する仕事は、わからないことばかりです。


例えば、新人のときは、見積書を取り寄せるだけでも、大変な仕事です。何しろ、中学や高校では何も教えてくれませんでした。


上司から「見積書を取り寄せてください。」と指示されても、初めて経験することであれば、どのようにすればよいか、全くわかりません。
会計法令では「見積書が必要」と定められていても、では実際に、どのように手続きを進めれば良いかわからないのです。電子メールで依頼するのか、電話で依頼するのか、依頼文の内容はどう書けば良いのかなど、具体的なことがわからないのです。


本書籍は、これらの実務上の疑問を解決するための書籍です。「実務経験者が実務担当者向け」に、わかりやすく具体的に解説しています。40年間の実務経験を集約し、実例を用いながら解説しました。実際の書類作りのノウハウを、すぐに学ぶことができます。ノウハウを学ぶことで、仕事を早く理解できるようになり、わからない仕事が少なくなります。


官公庁(役所)で働く人や、官公庁向け営業担当者に役立つ書籍です。


誰でも、初めての仕事は不安なものです。「経験がなく」知識が不足するため不安になります。知識として「書類の作り方」を知っていれば、不安になりませんし、ミスもしません。経験に基づく知識は学ぶことができます。書類作りをマスターすれば、仕事に追われることがなくなり、余裕が生まれてきます。そして毎日が楽しくなってきます。さらに同僚や上司からも信頼され、友人まで増えてきます。


本書籍は、官公庁の会計実務について、いろいろな視点から解説しています。わずか数分のスキマ時間だけで、しっかりと学ぶことができます。 なお紙の書籍は、印刷経費が高くなってしまうので、販売していません。多くの方へ、安くお届けしたいので、電子書籍のみです。


「わからない!」そう思ったときが学ぶチャンスです。疑問などは、ひとつひとつ解決しましょう!迷っている時間さえ、もったいないです。さあ、すぐに始めましょう!


電子書籍のくわしい内容(目次など)については、こちらに記載してあります。本サイトの「電子書籍」



誰も教えてくれない官公庁会計実務1,250円


官公庁会計実務の基礎用語 980円


スポンサーリンク
誰も教えてくれない官公庁会計実務

コメント

タイトルとURLをコピーしました