随意契約

スポンサーリンク
随意契約

なんと「相見積(合見積)」は違法?「見積合せ」との違いを知る

「相見積(合見積)」と「見積合せ」のわかりやすい解説です。官公庁(役所)との契約手続きでは、少額随意契約のときに、複数社の見積書で契約の相手方を決定します。ただし、「相見積(合見積)」は注意が必要です。昔は、談合に近い違法な手続きでした。
2021.01.16
契約手続き

「入札不調」と「不落随契」の違いとは、実務経験者が簡単に解説

「入札不調」と「不落随契」とは、どう違うのでしょう?どういう意味なのでしょうか? 「入札不調」と「不落随契」は似ているように思える言葉ですが、全く違います。根拠法令から問題点まで、契約実務担当者の視点から理解しやすいように解説します。
2021.01.16
入札

こんな「総合評価落札方式」は危ない!随意契約の「隠れ蓑」かも

総合評価落札方式についての解説です。官公庁が実施する入札は、価格競争が原則です。しかしスーパーコンピューターのように、性能が最優先される場合には、金額だけでなく性能などを評価に加えることができます。ところが使い方によって危険性もあります。
2021.01.16
スポンサーリンク
入札

「入札」なんて、やったことない、どうしよう!実際の手順を解説

官公庁が実施する実際の「入札」についての解説です。契約実務担当者による初心者向けのわかりやすい解説です。「入札」手続きは複雑で、契約締結までに2~3ヶ月必要です。入札公告から開札までの手順、「見積もり合わせ」との違いを簡単に説明します。
2021.01.16
随意契約

何を書けばいいの?「随意契約」に必要な「選定理由書」の実例

官公庁の契約手続きで、「随意契約」を締結するときに必要な「理由書」の解説です。「少額随意契約」や「競争性のない随意契約」では、選定理由書などの「随意契約理由書」が必要になります。わかりやすい書き方の解説です。
2021.01.16
契約手続き

「見積もり合わせ」って、どうやるの? 初めてでわからない

官公庁が「随意契約」を締結するときに実施する「見積もり合わせ」の解説です。「見積もり合わせ」初心者へ、契約実務経験20年のノウハウを公開します。「見積もり合わせ」については、具体的な手順や方法を記載した参考書が存在しません。
2021.01.16
契約手続き

どうやって「入札」と「随意契約」を判断するか、この手順で判別

官公庁の契約手続きで「入札」と「随意契約」を判断する手順の解説です。最初に予決令99条が適用できる「少額随意契約」に該当するか判断します。「少額随意契約」に該当しないときは、「競争性がない」場合を除き「入札」手続きになります。
2021.01.16
会計法令の解説

誰も競争できない「随意契約」、これなら検討の必要なく即契約

法令価格による随意契約についての解説です。官公庁が締結する契約は、一般競争契約(入札)が原則です。しかし、法令で価格が指定され、価格競争ができない契約であれば随意契約が可能です。予算決算及び会計令臨時特例(予決令臨特)第五条の解説です。
2021.01.16
契約手続き

どうやって「入札」と「随意契約」を判断するの?具体的な手順を解説

「入札」や「随意契約」の契約方式を判断する手順の解説です。官公庁の契約方式の原則は一般競争契約(入札)です。例外として指名競争契約と、事務簡素化を目的とした随意契約が認められています。会計法令を基に判断する方法を、わかりやすく解説します。
2021.01.16
契約手続き

知らなかった!「見積書」には2つの種類があった、営業担当にも必須

官公庁の会計実務で必要になる見積書についての詳しい解説です。見積書の正しい知識、参考見積書との違い、見積書の法的な役割、見積書の依頼方法、見積書のチェック項目、見積もり合わせ等をわかりやすく詳しく解説します。
2021.01.16
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました