随意契約

スポンサーリンク
契約手続き

「入札不調」と「不落随契」の違いとは、実務経験者が簡単に解説

「入札不調」と「不落随契」とは、どう違うのでしょう?どういう意味なのでしょうか? 「入札不調」と「不落随契」は似ているように思える言葉ですが、全く違います。根拠法令から問題点まで、契約実務担当者の視点から理解しやすいように解説します。
2020.09.05
随意契約

知らないと損する「随意契約」のメリット、入札より10倍も効率的

随意契約のメリットを正しく理解するための解説です。契約手続きについて「入札」と「随意契約」を比較すると、随意契約は、入札より10倍効率的です。実際の契約手続きを数値で比較して解説します。契約実務担当者しか知らない実際の手続きの比較です。
2020.08.31
入札

こんな「総合評価落札方式」は危ない!随意契約の「隠れ蓑」かも

総合評価落札方式についての解説です。官公庁が実施する入札は、価格競争が原則です。しかしスーパーコンピューターのように、性能が最優先される場合には、金額だけでなく性能などを評価に加えることができます。ところが使い方によって危険性もあります。
スポンサーリンク
随意契約

政権交代で「国際入札」が一時停止、報道されなかった現場の混乱

民主党政権が2009年9月に誕生し、すべての政府予算が見直されました。マスコミ受けする「事業仕分け」の公開討論、「随意契約の見直し」が始まりました。しかも公正さを無視して、国際入札までもが一時停止されました。現場の混乱はひどかったです。
2020.05.30
随意契約

そもそも「随意契約」って、何のためにあるの?主な4つのケース

随意契約についての簡単な説明です。官公庁が民間会社等と契約を締結するときに、相手方を決定するための契約方式は、競争契約(入札)と随意契約の2つに分けられます。そして、随意契約という契約方式を採用する際の判断基準は、主に4つのケースです。
2020.05.22
契約手続き

「見積もり合わせ」って、どうやるの? 初めてでわからない

官公庁が「随意契約」を締結するときに実施する「見積もり合わせ」の解説です。「見積もり合わせ」初心者へ、契約実務経験20年のノウハウを公開します。「見積もり合わせ」については、具体的な手順や方法を記載した参考書が存在しません。
2020.05.13
契約手続き

知らなかった!「見積書」には2つの種類があった、営業担当にも必須

官公庁の会計実務で必要になる見積書についての詳しい解説です。見積書の正しい知識、参考見積書との違い、見積書の法的な役割、見積書の依頼方法、見積書のチェック項目、見積もり合わせ等をわかりやすく詳しく解説します。
2020.05.13
随意契約

何を書けばいいの?「随意契約」に必要な「選定理由書」の実例

官公庁の契約手続きで、「随意契約」を締結するときに必要な「理由書」の解説です。「少額随意契約」や「競争性のない随意契約」では、選定理由書などの「随意契約理由書」が必要になります。わかりやすい書き方の解説です。
2020.05.09
随意契約

「代理店証明書」で「随意契約」できる? 競争性の判断とは

「競争性のない随意契約」についての解説です。代理店証明書等により随意契約を締結するときは注意が必要です。代理店証明書は「競争性がない」という根拠になりません。販売店が複数存在するのであれば「入札」あるいは「見積り合わせ」が必要です。
2020.05.07
会計法令の解説

これでわかる「契約方式」の判断、わかりやすい「随意契約」解説

「随意契約」の解説、「契約方式」を判断する方法の解説です。競争入札の例外として「随意契約」が存在する理由や根拠法令を、簡単にわかりやすく説明します。契約実務担当者、官公庁向けの営業担当者にとって基礎的な必須の知識です。
2020.05.07
随意契約

「ヤバイ随意契約」を知らないと危ない!「分割発注」と疑われない

「入札手続き」を避ける意図で、分割して「随意契約」を締結したり、架空工事を行うことは「不正」です。なぜ入札手続きを避けようとしたのか、随意契約によるメリットは何なのか、「入札」と「随意契約」の比較について解説します。
2020.05.01
随意契約

知らなかった!「随意契約」の中にも2つの種類があるなんて!

「競争性のない随意契約」について、わかりやすく解説します。「随意契約理由書」が必要な理由、随意契約の根拠法令の説明です。官公庁の契約手続は、「一般競争入札」が原則です。例外として「指名競争入札」と「随意契約」が認められています。
2020.05.01
契約手続き

なぜ「随意契約」できる?これが「契約方式」を判断する根拠法令

官公庁の「契約方式」についての解説です。原則は「入札」です。国は会計法、地方公共団体は、それぞれの規則で契約金額によって契約方式を定めています。大規模な契約では「国際入札」が必要になります。「一連の契約」「同種の契約」の解説です。 契約方...
2020.05.01
会計法令の解説

一番判断がむずかしい「競争性がない随意契約」、102-4-3

随意契約のうち、「競争性のない随意契約」の解説です。予決令102-4-3では、販売会社がひとつしか存在しないときは、随意契約が認められています。特許製品などが典型例です。しかし実務上は、競争性を確保した一般競争入札を実施します。
2020.04.21
契約手続き

どうやって「入札」と「随意契約」を判断するか、この手順で判別

官公庁の契約手続きで「入札」と「随意契約」を判断する手順の解説です。最初に予決令99条が適用できる「少額随意契約」に該当するか判断します。「少額随意契約」に該当しないときは、「競争性がない」場合を除き「入札」手続きになります。
2020.04.20
随意契約

この「随意契約」は批判されます!繰り返すと「業者との癒着」!

官公庁が特定の会社と締結する随意契約は、社会的に批判を受けることが多いです。特に、特定の会社と随意契約を繰り返すことは「業者との癒着」を疑われ、大きな問題になることがあります。随意契約を繰り返すことの問題点について解説します。
2020.04.20
契約手続き

官公庁で9割以上を占める「少額随意契約」の手順を簡単に知る

官公庁の契約手続きで一番多い「少額随意契約」の流れについての解説です。正しい契約手続きを行うためには根拠法令の理解と、おおまかな処理手順をイメージすることが大切です。仕様書の作成から「見積もり合わせ」や決裁手続きまでを説明します。
2020.04.18
随意契約

その「随意契約」危ないですよ?「分割発注」じゃないですか?

「少額随意契約」についての解説です。入札手続きが大変なため、すぐに契約したいときに「分割発注」が思い浮かびます。しかし、入札手続きを逃れるために、分割して「少額随意契約」を締結してはなりません。違法になります。必ずバレてしまいます。
2020.04.18
会計法令の解説

「入札」と「随意契約」の分かれ目、これが契約方式の根拠法令

官公庁の「契約方式」についての解説です。国が締結する売買契約や請負契約などについて、「契約の相手方」を決定する方法が、会計法第二十九条の三です。契約実務担当者にとっては、基本となる一番重要な法律です。「契約方式」をわかりやすく解説します。
2020.04.18
会計法令の解説

これは悩む!「指名競争入札」で「不落随契」は可能か?

「不落随契」についての解説です。競争入札を実施したときに「入札者がいない」場合は、随意契約(不落随契)が可能です。しかし、指名競争入札のときは注意が必要です。指名したけど誰も参加しない状況は、指名基準が問題になることがあります。
2020.04.18
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました