随意契約

随意契約

随意契約を判断する3つのポイント、「少額」と「競争性」と「不落」

官公庁の契約方式には、競争契約(入札)と随意契約があります。そして、随意契約という契約方式を採用する際の主な判断基準は、3つのケースです。「少額随意契約」、「競争性のない随意契約」、「不落随意契約」をわかりやすく解説します。
2019.01.22
契約手続き

入札と随意契約を判断する方法、予決令に基づく契約方式決定の流れ

入札か随意契約か、契約方式を判断する方法についての解説です。官公庁が契約方式を判断するための具体的な手順です。契約方式の原則は一般競争契約(入札)です。例外として指名競争契約と事務簡素化を目的とした随意契約が認められています。
2018.11.12
契約手続き

官公庁が必要とする見積書は2種類、見積もり合わせの方法と根拠法令

官公庁の会計実務で必要になる見積書についての詳しい解説です。見積書の正しい知識、参考見積書との違い、見積書の法的な役割、見積書の依頼方法、見積書のチェック項目、見積もり合わせ等をわかりやすく詳しく解説します。
2018.11.09
スポンサーリンク
会計法令の解説

一般競争入札が官公庁契約の原則、例外として指名競争と随意契約

原則は一般競争契約(公開入札) 契約手続の原則は、一般競争契約(不特定多数の者による入札)であることを法律で定めています。 会計法 第二十九条の三  契約担当官及び支出負担行為担当官(以下「契約担当官等」という...
2018.11.07
会計法令の解説

随意契約で競争を許さない場合とは、競争性の判断と実例

競争性のない随意契約 予算決算及び会計令 第百二条の四  各省各庁の長は、契約担当官等が指名競争に付し又は随意契約によろうとする場合においては、あらかじめ、財務大臣に協議しなければならない。ただし、次に掲げる場合は、この限り...
2018.11.07
会計法令の解説

随意契約は契約方式の例外的取扱い、一般競争契約(入札)が原則

少額随意契約 予算決算及び会計令 第九十九条  会計法第二十九条の三第五項 の規定により随意契約によることができる場合は、次に掲げる場合とする。 一  国の行為を秘密にする必要があるとき。 二  予定価格が二百五十万円を超え...
2018.11.07
会計法令の解説

法令価格は競争性がないので随意契約、根拠法令は予決令臨特

法令で価格が決まっているものは随意契約できるという規定の解説です。官公庁が締結する契約は、入札が原則です。法令で価格が指定されていれば随意契約が可能です。ただし宅配会社等で同一サービスが存在し価格競争できる状態であれば入札になります。
2018.10.05
契約手続き

入札と随意契約の判断基準、官公庁が契約方式を検討する手順と方法

官公庁の契約手続きで「入札」と「随意契約」を判断する手順と方法の解説です。最初に予決令99条が適用できる少額随意契約か判断し、次に競争性があるかどうか判断します。いずれにも該当しないときに「入札」手続きを行います。
2018.09.13
随意契約

政権交代による事業仕分けと天下りと随意契約批判、正しい理解とは

民主党への政権交代によって随意契約が批判されてます。随意契約がほんとに良くないことなのか、随意契約を正しく理解するための情報を掲載します。
2018.09.10
スポンサーリンク