随意契約

スポンサーリンク
契約手続き

「入札」か「随意契約」か、重要な「契約方式」を判断する手順

官公庁の契約手続きで「入札」と「随意契約」を判断する手順の解説です。最初に予決令99条が適用できる「少額随意契約」に該当するか判断します。「少額随意契約」に該当しないときは、「競争性がない」場合を除き「入札」手続きになります。
2019.07.23
入札

入札が高くなるという理由、随意契約なら年間7億円安いスパコン

スパコンの国際入札についての解説です。1991年当時、日米経済摩擦によってアメリカ政府から市場開放を迫られていました。しかし国際入札手続きするよりも、随意契約なら破格の安い金額締結可能でした。随意契約すべきか判断に迷ったときの解説です。
2019.07.05
随意契約

随意契約を繰り返すときに注意したいこと、競争性を確保した手続き

官公庁が特定の会社と締結する随意契約は、社会的に批判を受けることが多いです。特に、特定の会社と随意契約を繰り返すことは「業者との癒着」を疑われ、大きな問題になることがあります。随意契約を繰り返すことの問題点について解説します。
2019.06.04
スポンサーリンク
会計法令の解説

「競争性のない随意契約」を知りたいとき、予決令102-4-3の解説

随意契約のうち、「競争性のない随意契約」の解説です。予決令102-4-3では、販売会社がひとつしか存在しないときは、随意契約が認められています。特許製品などが典型例です。しかし実務上は、競争性を確保した一般競争入札を実施します。
2019.06.03
会計法令の解説

価格が法令で決まっているときは随意契約可能、予決令臨特第五条

法令価格による随意契約についての解説です。官公庁が締結する契約は、一般競争契約(入札)が原則です。しかし、法令で価格が指定され、価格競争ができない契約であれば随意契約が可能です。予算決算及び会計令臨時特例(予決令臨特)第五条の解説です。
2019.04.15
随意契約

随意契約を拡大して災害対策と景気対策を、今こそ超法規的な政策

災害対策や景気対策に有効な随意契約の解説です。2013年10月現在、長期間のデフレ不況と、東日本大震災による未曾有の災害で、国民の生活が疲弊しています。補正予算による財政出動で、1日も早く事業を実施することが重要です。
2019.04.05
随意契約

随意契約のメリットを簡単に知りたい、入札は10倍の手続きが必要

随意契約のメリットを正しく理解するための解説です。契約手続きについて「入札」と「随意契約」を比較すると、随意契約は、入札より10倍効率的です。実際の契約手続きを数値で比較して解説します。契約実務担当者しか知らない実際の手続きの比較です。
2019.03.27
随意契約

随意契約を簡単に知りたいとき、判断する3つのポイントを解説

随意契約についての簡単な説明です。官公庁が民間会社等と契約を締結するときに、相手方を決定するための契約方式は、競争契約(入札)と随意契約の2つに分けられます。そして、随意契約という契約方式を採用する際の判断基準は、主に3つのケースです。
2019.03.26
随意契約

「競争性がない随意契約」を判断する具体例、予決令102-4-3の解説

予決令102-4-3の解説です。官公庁の契約手続きは「入札(競争契約)」が原則です。例外として随意契約が認められています。判断基準となる「競争性」について、わかりやすく解説します。競争性がないと判断する場合の具体例についての解説です。
2019.03.25
随意契約

エレベーターの保守契約を締結するとき、「目に見えない安全性」

エレベーターの保守契約は、「入札」と「随意契約」のどちらを選択すべきかの解説です。エレベーターは人命に係わる設備です。メーカー以外の保守専門会社との契約は安価です。しかし「目に見えない安全性」を考慮すべき保守契約です。
2019.03.04
入札

誰も教えてくれない「入札」のわかりやすい解説、概要と実際の手順

官公庁が実施する実際の「入札」についての解説です。契約実務担当者による初心者向けのわかりやすい解説です。「入札」手続きは複雑で、契約締結までに2~3ヶ月必要です。入札公告から開札までの手順、「見積もり合わせ」との違いを簡単に説明します。
随意契約

随意契約を正しく理解したい、契約実務経験者が解説する専門サイト

政権交代による契約手続きへの影響についての解説です。民主党への政権交代によって「随意契約」が批判されてます。「随意契約」は良くないことなのか、官公庁の契約手続きを正しく理解するために役立つ情報を掲載します。2010年の記事です。
2019.02.19
スポンサーリンク