随意契約

会計法令の解説

指名競争契約は一般競争契約より随意契約のような癒着リスクあり

社会の目が厳しい指名競争契約 予算決算及び会計令 第九十四条  会計法第二十九条の三第五項 の規定により指名競争に付することができる場合は、次に掲げる場合とする。 一  予定価格が五百万円を超えない工事又は製造をさせるとき。 二  予定...
2018.09.04
営業担当

官公庁との取り引きを始めたい営業担当者に知ってもらいたいこと

官公庁との取り引きを希望する営業担当者向けの解説です。民間会社の営業担当者が初めて官公庁と取り引きを行うときに知っておきたい情報です。契約実務担当者から見たときに契約を依頼したいと思う営業担当者についての解説です。
2018.09.04
随意契約

随意契約理由書の作成例、機種選定理由書と業者選定理由書の書き方

官公庁の契約手続きで随意契約するときに必要な随意契約理由書の書き方と解説です。少額随意契約や競争性のない随意契約を締結するときは、機種選定理由書や業者選定理由書などの随意契約理由書が必要になります。それぞれの根拠法令と理由書の書き方の解説です。
2018.09.04
スポンサーリンク
契約手続き

一連の調達、分割契約による随意契約、少額随意契約の繰り返し

契約方式の原則は入札 官公庁における契約方式は、原則、一般競争契約(入札)です。これは会計法第二十九条の三第一項で明記されています。 会計法(法律) 第二十九条の三  契約担当官等は、売買、貸借、請負その他の契約を締結する場合におい...
2018.09.04
随意契約

エレベーター事故と随意契約と安全性、競争が危険な事故を発生させる

競争意識と安全性 この世の中で、人の命ほど重要で大切なものは存在しません。 2012年10月、金沢市のホテルで、清掃作業員の女性が、外国製のエレベーターに挟まれ死亡した事故が発生しました。以前も同様の死亡事故が発生しており、テレビ...
2018.09.04
随意契約

契約の性質若しくは目的が競争を許さない場合とは、随意契約理由書の根拠

官公庁の契約手続は、一般競争入札が原則で、例外として随意契約が認められています。随意契約は大きく二つに分類できます。 少額随意契約 ひとつは、「少額随意契約」と呼ばれるもので、予定価格(契約見込額)が少額な契約です。 予決令(よけつれい)...
2018.09.04
会計法令の解説

会計法は契約方式の判断に必要な根拠法令、契約手続きの重要ポイント

支出負担行為とは 会計法は、財政法(法律)を受けて定められた法律です。財政法よりも詳しく官公庁の会計手続きを定めています。 会計法の中で、会計実務や契約実務に関係する主要な部分を解説します。 会計法 第十一条  支出負担行...
2018.09.04
随意契約

分割契約で随意契約すると違法になるリスク、別契約と分割契約の違い

随意契約の根拠法令 分割して随意契約することが可能か、問題ないかの解説です。 官公庁の契約手続きは、会計法令等に基づいて行います。一定の契約金額以上(例えば、物品購入契約なら160万円など)の場合、競争契約(入札)となります。 ...
2018.09.04
随意契約

直接販売証明書による随意契約は不適切、直接販売と競争性は関連なし

直接販売証明書の発行 近年、インターネットなどを見ていると、官公庁向けの広告や営業案内で、「直接販売証明書の発行が可能です」と、宣伝している企業が増えています。 「直接販売証明書」とは、官公庁との取引を希望する販...
2018.09.04
随意契約

代理店証明書による随意契約は注意が必要、競争性がない随意契約とは

代理店証明書による随意契約 随意契約は、官公庁における契約方式の例外です。原則は競争契約(入札)なので、「競争性のない随意契約」は慎重に検討する必要があります。 契約実務担当者が注意すべき書類として、「代理店証明書」があります。...
2018.09.04
随意契約

予定価格を超えた随意契約は可能か、見積金額が予定価格を超えたとき

予定価格を超えた随意契約は可能なのか詳しく解説します。入札では、落札決定の基準価格として予定価格が必要です。通常は自動落札方式で公正に契約の相手方を決定します。随意契約で見積金額が予定価格を超えたときの具体的な対処方法の解説です。
2018.09.04
スポンサーリンク