随意契約

スポンサーリンク
随意契約

予定価格を超えた随意契約は可能?入札では落札基準価格のため違法

予定価格を超えた随意契約は可能なのか、わかりやすく解説します。入札では、落札決定の基準価格として予定価格が必要です。自動落札方式で公正に契約の相手方を決定します。随意契約のときに、予定価格を超えたときの具体的な対応方法です。
2021.06.15
随意契約

入札の危険性を知る「エレベーター保守契約」と見えない安全性

エレベーターの保守契約は、契約方式で迷います。入札と随意契約のどちらを選択すべき、なかなかむずかしい問題です。エレベーターは人命に係わる設備です。メーカー以外の保守専門会社との契約は安価です。しかし「目に見えない安全性」も考慮すべきです。
2021.06.04
随意契約

「競争性がない随意契約」とは、予決令 102 – 4 – 3 の解説

「競争性がない随意契約」の解説です。官公庁の契約方式は「一般競争入札」が原則です。例外として予決令 102 - 4 - 3 に基づく「競争性のない随意契約」が認められています。しかし予決令 102 - 4 - 3 は、判断がむずかしいです。
2021.06.02
スポンサーリンク
契約手続き

「競争入札」と「随意契約」を判断する方法、具体的手順をわかりやすく解説

官公庁が契約方式を判断する手順の解説です。競争入札と随意契約の手続きは、最初に根拠法令を確認しながら決定します。契約方式によって書類の作成方法が異なります。実際に契約方式を判断する手順を、根拠法令を基にわかりやすく解説します。
2021.05.27
随意契約

「相見積(合見積)」と「見積もり合わせ」の違いを正しく理解する

少額随意契約を締結する際の「相見積(合見積)」と「見積もり合わせ」の解説です。この二つは同じような意味で使われますが、官公庁の契約手続きでは、「あいみつ」という言葉を使うと、談合を意味することがあります。正しくは「見積もり合わせ」です。
随意契約

なんと「合見積(相見積)」は違法?「見積もり合わせ」との違い

「合見積(相見積)」と「見積もり合わせ」の違いです。官公庁の契約手続きでは、少額な契約のときに、複数社の見積書を比較して契約の相手方を決定します。ただし、「合見積(相見積)」は注意が必要です。談合に近い違法な手続きになることがあります。
2021.05.24
随意契約

そもそも「随意契約」は何のためにある?主な4つのケースとは

官公庁の「随意契約」についての解説です。民間企業と随意契約を締結するときは、様々な条件に基づいて判断します。主な4つの随意契約について、それぞれの根拠法令と具体的な判断方法をわかりやすく解説します。「アベノマスク」の随意契約も追記しました。
2021.05.24
契約手続き

「入札不調」と「不落随契」の違い、実務経験者がわかりやすく解説

「入札不調」と「不落随契」の違いを、わかりやすく簡単に解説します。競争入札を実施する契約担当者、競争入札へ参加する営業担当者向けの必須知識です。入札手続きを正確に理解するためにも、それぞれの違いや根拠法令を確認しておきましょう。
2021.05.19
随意契約

「随意契約」に必要な「選定理由書」の書き方、根拠法令や記載例

「随意契約理由書」のわかりやすい解説です。官公庁が「随意契約」を締結するときに「機種選定理由書」や「業者選定理由書」が必要になることがあります。随意契約の種類、「少額随意契約」や「競争性のない随意契約」に必要な「選定理由書」の書き方と実例です。
2021.03.02
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました