謝金

給与謝金

海外で講演する日本人への謝金は注意、旅費まで源泉徴収で損する

国際シンポジウムの源泉徴収 海外で開催する国際シンポジウムで、日本の研究者に対して講演を依頼し、謝金と海外旅費を支払うケースがあります。 このときに、注意したいのが所得税の源泉徴収です。 謝金と一緒...
2018.09.04
給与謝金

海外の研究者へ謝金を支払うときの源泉徴収、国内源泉所得のみ

海外で講演 海外在住の研究者へ、海外での講演を依頼し、その謝礼として日本から謝金を海外送金で支払うとき、源泉徴収が必要かどうか迷いました。 結論は、源泉徴収の必要はありません。 ただし、日本国内で講演してもらえば、源泉徴収20%が必要...
2018.09.04
給与謝金

謝金の源泉徴収で判断に迷ったとき、旅費は源泉徴収の対象かどうか

謝金と旅費の源泉徴収 謝金と一緒に旅費や交通費を支払う場合は、旅費と交通費部分に対しても源泉徴収が必要です。 国税庁 タックスアンサーより抜粋 大学教授などに講演料を支払うときは、報酬・料金等と...
2018.09.04
給与謝金

謝金と給与を区別するときの判断基準、雇用契約による指揮命令の有無

官公庁が支払う謝金(しゃきん)と給与の違いについての解説です。外部の専門家や有識者に各種委員会へ出席してもらうとき、講演会や研修会で講師を招くとき、イベントなどで一時的に人手が必要なときに個人に対して謝金を支払います。
2018.11.07
給与謝金

源泉徴収は謝金と旅費の合算、ホテルや旅行会社へ直接支払が必要

謝金と旅費を支払うときの源泉徴収 外部の先生へ講演などを依頼し、そのお礼として謝金と交通費(旅費)を支払うときは、源泉徴収が必要です。 注意が必要な点は、多額の旅費(交通費、日当、宿泊料)を謝金と一緒に、本人へ支...
2018.11.07
給与謝金

源泉徴収で注意したいこと、講演謝金の源泉徴収を忘れるとトラブルに

官公庁の会計処理で謝金を支払うときに注意すべき点についての解説です。外部の人に対して支払う謝金は、源泉徴収の対象になるものがあります。源泉徴収を忘れて全額支払ってしまうと後日トラブルになります。税務調査は数年後に行われるので注意したい部分です。
2018.11.09
スポンサーリンク