政府契約の支払遅延防止等に関する法律

スポンサーリンク
会計法令の解説

対価の支払の時期は検収完了後、請求書受理も検収完了後

検収完了後の支払時期 遅延防止法第六条は、官公庁が締結する契約の対価を支払を行う時期を定めています。日常の契約実務では気にせず支払業務を行っていると思いますが、請求書を受理した場合には、本規定が適用されるので速やかに支払処理を...
2018.11.07
会計法令の解説

給付の完了の確認又は検査の時期、検収日と納品日の違いとは

給付の完了の確認、検査の時期 遅延防止法(政府契約の支払遅延防止等に関する法律)は、国が代金を支払うときのルールを定めた法律です。 売買契約であれば、物品を購入した代金の支払時期、製造契約であれば製造物が完成した対価とし...
2018.11.07
スポンサーリンク