指名競争

スポンサーリンク
会計法令の解説

「入札」と「随意契約」の分かれ目、これが契約方式の根拠法令

官公庁の「契約方式」についての解説です。国が締結する売買契約や請負契約などについて、「契約の相手方」を決定する方法が、会計法第二十九条の三です。契約実務担当者にとっては、基本となる一番重要な法律です。「契約方式」をわかりやすく解説します。
2020.04.18
会計法令の解説

これは悩む!「指名競争入札」で「不落随契」は可能か?

「不落随契」についての解説です。競争入札を実施したときに「入札者がいない」場合は、随意契約(不落随契)が可能です。しかし、指名競争入札のときは注意が必要です。指名したけど誰も参加しない状況は、指名基準が問題になることがあります。
2020.04.18
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました