契約

スポンサーリンク
基礎知識

「財政小六法」の中で契約実務に必要な法令、マスターするコツ

官公庁の契約実務に必要な「財政小六法」の解説です。特に「契約手続き」に関しては、細かな会計法令の知識が必須です。「財政小六法」の使い方を理解して、会計法令をマスターするコツです。ごく一部の条文さえ理解すればマスターできます。
2019.05.27
契約手続き

談合や贈収賄事件を撲滅する方法、「透明契約・透明入札制度」

官公庁の契約手続きに関連した贈収賄や談合事件を、完全に撲滅する方法です。現在の会計法令に基づく契約手続きでは、残念ながら不正事件をなくせません。ブラックボックス部分が存在するからです。不正を排除する「透明契約・透明入札制度」の解説です。
2019.05.08
営業担当

営業初心者向け見積書の解説、契約に必要な見積書と参考見積書の違い

営業担当者向けの見積書についての解説です。民間会社の官公庁向け営業担当者の基礎知識です。官公庁が必要とする見積書は大きく分けて2種類あります。契約の申し込みとなる「見積書」と予算用の「参考見積書」です。契約を獲得するためにも必須の知識です。
2018.11.12
会計法令の解説

会計法と予算決算及び会計令を正しく理解する方法、会計実務に必須

官公庁の公務員が、会計法令を正しく理解する方法についての解説です。会計実務担当者は、日常業務の中で会計法や予決令などの会計法令を理解していなくても書類作成は可能です。しかし会計法令の正しい知識があれば効率的に仕事が可能になります。
2018.11.09
会計法令の解説

一般競争入札が官公庁契約の原則、例外として指名競争と随意契約

原則は一般競争契約(公開入札) 契約手続の原則は、一般競争契約(不特定多数の者による入札)であることを法律で定めています。 会計法 第二十九条の三  契約担当官及び支出負担行為担当官(以下「契約担当官等」という...
2018.11.07
会計法令の解説

支出負担行為とは歳出予算に基づく債務負担、契約手続きで正式発注時

官公庁の契約実務に必須の知識「支出負担行為」についての説明です。官公庁で契約を締結する権限を持っているのは「支出負担行為担当官」と「契約担当官」です。「支出負担行為」の根拠法令と整理する時期についての説明です。
2018.09.13
基礎知識

契約手続きに必要な見積書、見積書の法的根拠、契約の成立時期

民間の見積書と官公庁の見積書 官公庁の会計実務に必要な見積書についての解説です。 契約手続きに関する事務処理を行っていると、頻繁に必要となる書類として「見積書」があります。民間企業の間で取引に使用される見積書と、官公庁における見積書では...
2018.09.04
会計法令の解説

支出負担行為担当官と契約担当官は別の契約事務を管理、両者の違いは

契約の事務は二つに分けて管理 支出負担行為担当官と契約担当官の事務所掌についての説明です。 この条文は、日常行なう契約実務に直接関係し、かつ、難解な条文ですので、細かく説明します。 会計法 第二十九条  各省各庁の長は、第...
2018.09.04
会計法令の解説

契約書を省略できる150万以下、契約の確定には記名押印が必要

契約の成立 予算決算及び会計令 第百条の二  会計法第二十九条の八第一項 ただし書の規定により契約書の作成を省略することができる場合は、次に掲げる場合とする。 一  第七十二条第一項の資格を有する者による一般競争契約又は指名競争契約...
2018.09.04
スポンサーリンク