契約

スポンサーリンク
営業担当

こんな「営業担当者」が嫌われる!「信頼できる営業担当者」とは

官公庁への「営業」についての解説です。営業担当者にとって、安定的な受注が見込まれれば、有利になります。特に、営業の相手方が官公庁なら安心できますし、自社の宣伝にもなります。官公庁の契約実務担当者から見た「信頼できる営業担当者」の解説です。
2020.06.17
会計法令の解説

わかりそうでわからない?「支出負担行為」のわかりやすい説明

国の契約実務に必須の知識「支出負担行為」についての解説です。契約を締結する権限を持っているのは「支出負担行為担当官」と「契約担当官」です。「支出負担行為」の根拠法令と、整理する「時期」をくわしく解説します。
2020.05.09
会計法令の解説

え!「検査」と「監督」は何が違うの?同じように思えるけど?

官公庁の契約実務に必須な「検査」と「監督」の解説です。それぞれの業務内容とその違い、「兼職禁止」について説明します。「検査」と「監督」は、法律によって明確に定められています。代金の支払前には「検査」が義務付けられています。
2020.05.01
随意契約

授業では教えてくれない!「見積書」を深く理解するための解説

官公庁の契約手続きに必要な「見積書」についての解説です。契約手続きを担当していると、頻繁に必要な書類として「見積書」を取り扱うことになります。官公庁が必要とする「見積書」の根拠法令と役割について、契約実務担当者の視点から解説します。
2020.04.07
基礎知識

知らなかった!こんなに簡単!「財政小六法」をマスターするコツ

官公庁の契約実務に必要な「財政小六法」の解説です。特に「契約手続き」に関しては、細かな会計法令の知識が必須です。「財政小六法」の使い方を理解して、会計法令をマスターするコツです。ごく一部の条文さえ理解すればマスターできます。
2020.03.24
基礎知識

わかりそうで、わからない!契約の基本概念、「債権」と「債務」

官公庁の契約実務担当者に必須の基礎知識「契約」についての解説です。初心者向けにわかりやすく解説します。国民の税金を使用する官公庁の契約では、会計法令に基づく手続きが必要です。契約の成立や債権債務の発生時期について具体例で説明します。
2020.03.24
会計法令の解説

あなたが作った会計書類、実は間違っているかも? 会計法令の理解

官公庁の公務員が、会計法令を正しく理解する方法についての解説です。会計実務担当者は、日常業務の中で会計法や予決令などの会計法令を理解していなくても書類作成は可能です。しかし会計法令の正しい知識があれば効率的に仕事が可能になります。
2020.03.17
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました