契約手続

基礎知識

契約方式を判断するための具体的手順、予決令99と102-4-3

官公庁の契約方式(入札か随意契約か)を判断するための具体的な手順の解説です。契約方式の原則は一般競争契約ですが予決令に基づいて指名競争契約と事務簡素化を目的とした随意契約が認められています。判断手順をくわしく解説します。
2018.09.04
予定価格

契約実務をマスターするため必須な予定価格、契約実務を理解する意味

予定価格とは 予定価格は、官公庁や地方自治体などの公的な組織で、入札や随意契約を行うときに必要となる書類です。 入札手続で、落札者を決定する基準価格です。予定価格によって落札者が決まるので極めて重要な書類です。 また、予定...
2018.09.04
基礎知識

契約手続きに必要な見積書、見積書の法的根拠、契約の成立時期

民間の見積書と官公庁の見積書 官公庁の会計実務に必要な見積書についての解説です。 契約手続きに関する事務処理を行っていると、頻繁に必要となる書類として「見積書」があります。民間企業の間で取引に使用される見積書と、官公庁における見積書では...
2018.09.04
基礎知識

契約の基本概念を学ぶ、具体例で双務契約の債権債務の発生を理解

官公庁の契約実務担当者に必須の基礎知識「契約」について、初心者向けにわかりやすく詳しく解説します。国民の税金を使用する官公庁の契約手続は、会計法令に基づく手続きが必要です。契約の成立や債権債務の発生時期について具体例で説明します。 契...
2018.09.04
契約手続き

パソコンを購入する契約手続を実例で学ぶ、仕様書作成や入札手続き等

契約手続きの流れと手順を実例で解説します。官公庁の契約手続きで一番多い購入契約の手続きです。仕様書の作成から入札や開札、契約書の取り交わしなどを簡単に説明します。パソコンを20台購入するケースで総額280万円の契約手続きです。
2018.09.04
契約手続き

少額随意契約のおおまかな処理手順をイメージ、根拠法令と必要書類

官公庁の契約手続きで一番多い少額随意契約の流れについての解説です。正しい契約手続きを行うためには根拠法令の理解とおおまかな処理手順をイメージすることが大切です。仕様書の作成から見積もり合わせや支払書類の決裁までを説明します。
2018.09.04
スポンサーリンク