契約成立日

スポンサーリンク
会計法令の解説

「契約書」の作成を省略できる場合とは、民法と異なる契約成立日

「契約書の省略」と「契約成立日」についての解説です。国を当事者とする契約は、原則として「契約書」の作成が義務付けられています。例外として150万円以下のときに省略できます。また、契約成立日は、口頭のみで契約が成立する民法と異なります。
2019.08.29
スポンサーリンク