契約当事者

スポンサーリンク
基礎知識

契約当事者の呼び方は甲、乙、丙、その後は十干(じっかん)表による

契約書の当事者を定義するときの、呼び方についての解説です。一般的な契約書は2~3者で契約を締結することが多く、甲・乙・丙(こうおつへい)を使います。それ以上の契約当事者の呼び方は、十干(じっかん)表を使います。
2019.03.29
スポンサーリンク