契約実務

会計法令の解説

官公庁の会計実務や契約実務を理解する、会計法令をマスターするコツ

官公庁に求められる公平性 国や地方自治体、独立行政法人、国立大学法人などの公的組織は、国民からの税金を財源として運営しています。事業を行う場合には、税金を使用して、民間会社と契約し実施しています。 原資が税金であ...
2018.09.04
予定価格

契約方式を判断するための予定価格、事務簡素化を目的とし契約実務に必須

予定価格とは 本サイトで解説する「予定価格」とは、官公庁の契約実務担当者が、契約手続を行うときに作成する書類です。 契約実務を担当し、実際に予定価格調書を作成した経験のない人には理解が困難な書類です。理解していたとしても、それは...
2018.09.04
予定価格

契約実務をマスターするため必須な予定価格、契約実務を理解する意味

予定価格とは 予定価格は、官公庁や地方自治体などの公的な組織で、入札や随意契約を行うときに必要となる書類です。 入札手続で、落札者を決定する基準価格です。予定価格によって落札者が決まるので極めて重要な書類です。 また、予定...
2018.09.04
基礎知識

契約の基本概念を学ぶ、具体例で双務契約の債権債務の発生を理解

官公庁の契約実務担当者に必須の基礎知識「契約」について、初心者向けにわかりやすく詳しく解説します。国民の税金を使用する官公庁の契約手続は、会計法令に基づく手続きが必要です。契約の成立や債権債務の発生時期について具体例で説明します。 契...
2018.09.04
予定価格

予定価格で悩んでいる人に伝えたいこと、その悩みは贅沢で貴重な経験

予定価格の意味 官公庁の契約実務担当者にとって、一番やっかいで面倒な書類作成のひとつが予定価格です。 予定価格が必要なければ、どれほど契約実務が簡単になるか計り知れません。 ある時期は、予定価格の作成こそが「事業仕分け」だ...
2018.09.04
予定価格

予定価格の役割と必要性、契約方式を決定する根拠法令と落札基準価格

官公庁が作成する予定価格の役割と根拠法令の解説です。予定価格は作成に大変手間のかかる書類です。予定価格は契約方式の判断基準として、また、入札の際の落札基準価格としての役割があります。
2018.09.04
会計法令の解説

検査と監督の解説、会計や契約実務を担当する公務員に必須の知識

官公庁の契約実務に必須の知識です。「検査」と「監督」の業務内容の違い、兼職禁止の意味を理解することが重要です。「検査」と「監督」は法律によって明確に規定されています。代金の支払前には「検査」が義務付けられています。
2018.11.07
会計法令の解説

会計法と予算決算及び会計令を正しく理解する方法、会計実務に必須

官公庁の公務員が、会計法令を正しく理解する方法についての解説です。会計実務担当者は、日常業務の中で会計法や予決令などの会計法令を理解していなくても書類作成は可能です。しかし会計法令の正しい知識があれば効率的に仕事が可能になります。
2018.11.09
スポンサーリンク