原則

スポンサーリンク
会計法令の解説

一般競争入札が官公庁契約の原則、例外として指名競争と随意契約

原則は一般競争契約(公開入札) 契約手続の原則は、一般競争契約(不特定多数の者による入札)であることを法律で定めています。 会計法 第二十九条の三  契約担当官及び支出負担行為担当官(以下「契約担当官等」という...
2018.11.07
基礎知識

官公庁の支払方法の原則は後払い、例外として前金払いと概算払い

官公庁の代金支払方法についての解説です。官公庁と民間会社が契約を締結し代金を支払うときや出張旅費を支払うときの支払方法についての解説です。原則が後払いで、例外として前金払いと概算払いが法律によって限定的に認められています。
2018.09.12
会計法令の解説

入札公告期間のカウント方法、原則は10日以上、予決令第七十四条

入札公告掲載日 官公庁が実施する入札(一般競争契約)は、官報やWEBサイトへ入札公告を掲載し、広く競争参加者を募ります。 競争性を十分に発揮させるには、多くの参加者が望ましく、そのためには入札公告を掲載する期間も長い方が良いわけ...
2018.09.04
スポンサーリンク