会計実務

スポンサーリンク
会計法令の解説

会計法令を短期間でマスターする方法、自腹で「財政小六法」購入

官公庁の会計実務に必須の「会計法令をマスターするコツ」です。国や地方公共団体などの公的組織で働く人は、会計法令を理解して事務手続きを進める必要があります。不思議なことに「財政小六法」等を自腹で購入すると、理解が早まります。
2019.07.02
会計法令の解説

誰も教えてくれない会計法令をマスターする「コツ」、仕事を楽しむ

会計法令をマスターする「コツ」とメリットの解説です。官公庁の会計実務は、会計法令を正しく理解することで飛躍的に処理スピードが速くなります。会計法令をマスターすれば、毎日の生活が劇的に変化します。周りの人から信頼され友人が増えていきます。
2019.03.13
会計法令の解説

官公庁の会計実務は年度末に注意、会計年度所属区分を正しく理解

年度末の会計年度所属区分の解説です。官公庁の会計実務で注意が必要なことは、年度をまたぐ時期の単年度予算の支出処理です。前年度予算と新年度予算の区分を正しく理解することが重要です。予決令第二条について具体例を基にくわしく説明します。
2018.11.02
契約手続き

会計実務の危険な合理主義、3点セット(見積書、納品書、請求書)に注意

会計書類を依頼するときの注意点 官公庁で会計実務を担当していると、見積書、納品書、請求書の3点セットを用意するよう指示されることがあります。 特に、ベテランの会計実務担当者は、支払手続きを進めるために、「3点セットでお願いします...
2018.09.04
会計法令の解説

歳入予算と歳出予算は別のもの、会計年度を意識して会計実務を行なう

会計年度独立の原則とは この条文は、会計実務を行なう際にとても重要です。常に意識しながら、会計事務手続きを行なわなければなりません。 国の予算は、国会の議決によって、会計年度(4/1-3/31)ごとに、歳入予算(収入)と歳出予算...
2018.09.04
スポンサーリンク