予決令

スポンサーリンク
会計法令の解説

わかりやすい「会計年度所属区分」、判断基準は「期間」と「検収日」

官公庁の「会計年度所属区分」についての解説です。単年度予算を使用するときは、会計年度の判断が必要になります。特に3月から4月にかけて必要となる知識です。旧年度予算か新年度予算か、参照すべき会計法令と、具体的な判断方法を説明します。
2020.01.31
会計法令の解説

官公庁の会計実務は「年度末に注意」、会計年度所属区分を正しく理解

年度末の「会計年度所属区分」の解説です。官公庁の会計実務で、年度末に注意したいことは、年度をまたぐ時期の単年度予算の支出処理です。前年度予算と新年度予算の区分を正しく理解することが重要です。予決令第二条について、具体例でくわしく説明します。
2020.01.31
会計法令の解説

「契約書」を必要とする根拠法令、150万円以下なら省略可能

「契約書」の作成要否や、記載事項についての解説です。国が契約を締結するときは、契約の相手方へ「契約書の要否」について、事前に明示しなければなりません。契約書の省略は150万円以下なら可能ですが義務ではありません。根拠法令の説明です。
2020.01.31
スポンサーリンク
予定価格

誰も知らない3つの「予定価格の意義」、根拠法令と役割を解説

予定価格の「意義」についての解説です。官公庁の契約手続きでは「予定価格」が必要になります。3つの意義について、くわしく解説します。予定価格は作成するのが困難な書類です。「意義」を理解することで、予定価格の作成が効率的になります。
2020.01.31
会計法令の解説

「前金払」ができる範囲は限定されている、予決令第五十七条の解説

国の支払手続き「前金払」の解説です。契約代金の支払いは、「後払い」が原則です。例外的な支払手続きとして予決令第五十七条で「前金払」が定められています。注意が必要な点は、限定列挙されているところです。根拠法令を解説します。
2020.01.31
随意契約

「随意契約」のわかりやすい解説、「随意契約理由書」の必要理由

「競争性のない随意契約」について、わかりやすく解説します。「随意契約理由書」が必要な理由、随意契約の根拠法令の説明です。官公庁の契約手続は、「一般競争入札」が原則です。例外として「指名競争入札」と「随意契約」が認められています。
2020.01.31
契約手続き

「入札」か「随意契約」か、重要な「契約方式」を判断する手順

官公庁の契約手続きで「入札」と「随意契約」を判断する手順の解説です。最初に予決令99条が適用できる「少額随意契約」に該当するか判断します。「少額随意契約」に該当しないときは、「競争性がない」場合を除き「入札」手続きになります。
2020.01.31
会計法令の解説

「会計法」と「予算決算及び会計令」を正しく理解、会計実務に必須

官公庁の公務員が、会計法令を正しく理解する方法についての解説です。会計実務担当者は、日常業務の中で会計法や予決令などの会計法令を理解していなくても書類作成は可能です。しかし会計法令の正しい知識があれば効率的に仕事が可能になります。
2020.01.31
会計法令の解説

一般競争入札に参加させないことができる、予決令第七十一条の解説

競争入札に参加する資格についての解説です。参加資格の根拠法令は3つあります。予算決算及び会計令の第70条、第71条、第73条です。今回は第71条の「一般競争に参加させないことができる」具体例を説明します。契約実務担当者に必須の知識です。
2020.01.31
会計法令の解説

初めて契約書を作成するとき、実際の「契約書の雛形」で条文解説

契約書の記載事項(条文記載例)の詳しい解説です。官公庁が締結する契約書は、会計法令で記載事項が定められています。予決令第百条に基づいて、実際の契約書雛形で説明します。また、契約書の条文は、修正できないケースがあります。
2020.01.31
会計法令の解説

「競争性のない随意契約」を知りたいとき、予決令102-4-3の解説

随意契約のうち、「競争性のない随意契約」の解説です。予決令102-4-3では、販売会社がひとつしか存在しないときは、随意契約が認められています。特許製品などが典型例です。しかし実務上は、競争性を確保した一般競争入札を実施します。
2020.01.31
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました