不落随意契約

随意契約

随意契約を判断する3つのポイント、「少額」と「競争性」と「不落」

官公庁の契約方式には、競争契約(入札)と随意契約があります。そして、随意契約という契約方式を採用する際の主な判断基準は、3つのケースです。「少額随意契約」、「競争性のない随意契約」、「不落随意契約」をわかりやすく解説します。
2019.01.22
随意契約

入札者や落札者がないときの不落随意契約、入札不調の詳しい解説

入札不調についての詳しい解説です。入札が不調となる3つのケースや不落随契(ふらくずいけい)と呼ぶ契約方式の根拠法令をわかりやすく解説します。入札者がないときや落札者がないときの入札打ち切りの判断等も説明します。
2018.11.09
スポンサーリンク