一般競争契約

会計法令の解説

指名競争契約は一般競争契約より随意契約のような癒着リスクあり

社会の目が厳しい指名競争契約 予算決算及び会計令 第九十四条  会計法第二十九条の三第五項 の規定により指名競争に付することができる場合は、次に掲げる場合とする。 一  予定価格が五百万円を超えない工事又は製造をさせるとき。 二  予定...
2018.09.04
会計法令の解説

指名通知は10社以上、指名競争契約よりも一般競争契約が安全

指名競争契約とは 予算決算及び会計令 第九十七条  契約担当官等は、指名競争に付するときは、第九十五条の資格を有する者のうちから、前条第一項の基準により、競争に参加する者をなるべく十人以上指名しなければならない。 第九十六条  各...
2018.09.04
入札

官公庁における入札制度と談合、過度の価格競争は社会の発展を阻害

官公庁の契約手続きの原則である入札は、価格競争が目的です。一方、過度の価格競争を防ぐために「必要悪」と言われる談合は、不正な利益を得る目的で実施されることもあります。競争原理がもたらず弊害や格差社会についての解説です。
2018.09.04
随意契約

随意契約のメリットを正しく理解、入札と随意契約の手続を詳細に比較

入札と随意契約の詳細な比較です。官公庁の契約手続きの原則である一般競争契約(入札)と少額随意契約について、書類の作成から契約手続きまで詳しく解説し比較します。随意契約のメリットについての解説です。
2018.09.04
会計法令の解説

随意契約は契約方式の例外的取扱い、一般競争契約(入札)が原則

少額随意契約 予算決算及び会計令 第九十九条  会計法第二十九条の三第五項 の規定により随意契約によることができる場合は、次に掲げる場合とする。 一  国の行為を秘密にする必要があるとき。 二  予定価格が二百五十万円を超え...
2018.11.07
会計法令の解説

一般競争入札が官公庁契約の原則、例外として指名競争と随意契約

原則は一般競争契約(公開入札) 契約手続の原則は、一般競争契約(不特定多数の者による入札)であることを法律で定めています。 会計法 第二十九条の三  契約担当官及び支出負担行為担当官(以下「契約担当官等」という...
2018.11.07
スポンサーリンク