リスク

入札

1者入札は有効、無効とすれば新たな矛盾と不正を生むリスクあり

1社入札を問題視する報道があります。競争性が確保されていないという理由によるものですが、本当に問題なのか詳しく解説します。1社入札を無効とする見解や有効とする見解、指名競争入札での1社入札の有効性など契約実務の視点からの解説です。
2018.11.20
会計法令の解説

名刺1枚で開札が泥沼状態になるリスク、公正・公平な開札とは

公正で公平な開札 開札は、公正・公平な手続きを担保するため、入札者の立会いが必要です。 入札者が立ち会わない時は、第三者を立ち合わせなければなりません。 予算決算及び会計令 第八十一条  契約担当官等は、...
2018.11.07
入札

1社入札を問題視する見せかけの競争のリスク、正しい競争性とは

不適切な1社入札 2009年、当時の総務大臣が、2社しか応札しない競争入札があることをテレビ番組で指摘しました。「現実は1社入札(1社応札)で、本当は100万円で済むもの(事業や物品)が、150万円で買われている」との内容で、...
2018.09.04
科研費

科研費で図書カードを購入するときは要注意、単年度予算は繰越リスク

科研費FAQ 日本学術振興会(JSPS)の平成23年6月14日版の科研費FAQには次のような質疑応答があります。 【Q4451】 人件費・謝金として支出できるものに制限はありますか? 【A】 アンケート調査を実施する場合に、協力し...
2018.09.04
スポンサーリンク