「正しさ」を育む心、「日大のタックル」と「ハンドボールの肘打ち」

スポンサーリンク
国立競技場その他
国立競技場

 

「正しさ」についての解説です。「日大アメフト部の悪質タックル問題」が騒がれていたときに、「ハンドボールの肘打ち問題」も、悪質なラフプレーとしてマスコミで報道されました。しかし、ハンドボールの肘打ちは、単に「しつこい」相手を振り払うものでした。私は、この両者を識別できないマスコミに「恐怖」を抱きました。

 

スポンサーリンク

日大アメフト部の悪質タックル問題

 

2018年(平成30年)5月6日、アメリカンフットボールの日本大学フェニックスと関西学院大学ファイターズの試合で、日大の選手が関西学院の選手へ、不必要なタックルを行い、ケガを負わせました。テレビで何度も放映されたので、記憶に残っている人も多いでしょう。

 

関西学院の選手がプレーをしていない(後ろを向いている)ときに、いきなり日大の選手がタックルをしたのです。関西学院の選手は無防備な状態でタックルされ、ケガをしました。これは悪質なラフプレーで極めて危険な行為でした。日大の選手は記者会見を行い、監督から「相手をつぶしてこい」と言われて、危険な行為をしたことを涙ながらに謝罪しました。日大の選手は、レギュラーポジションを掴もうと必死でした。

 

この日大選手のラフプレーは、テレビの映像を見ても、相手の関西学院の選手が、無防備な状態(後ろを向いていた)でタックルしたもので、明らかに悪質な「暴力」に近い行為です。もはやスポーツとは言えません。当然ながら日大の選手だけでなく、監督やコーチも批判されました。

 

スポンサーリンク

ハンドボールの肘打ち問題

 

同じ頃、2018年(平成30年)6月10日、インターハイ大阪府予選のハンドボール男子決勝戦で、大阪体育大学浪商高校(浪商)と桃山学院高校(桃高)の対戦がありました。その中で、浪商の選手が、桃高の選手を「肘打ち」する場面がありました。yutubeの動画で「肘打ち」する場面が流れています。週間誌がこの場面を記事にし、「日大のタックル問題と同じように悪質」と報道しました。

 

私は、インターネットで「日大のタックル問題」の記事を読んでいて、偶然(というか関連記事として)見つけて、「肘打ち」する場面を、動画で何度か繰り返し確認しました。

 

しかし、どう見ても、私にはハンドボールの「肘打ち」は、悪質なラフプレーには見えませんでした。「肘打ち」を行う前の様子を見ると、相手の選手が「しつこく」つきまとい、プレーを邪魔する行動をしてました。「肘打ち」をした選手は、「しつこく」つきまとう選手を振り払おうとして、結果的に「肘打ち」のようになっただけです。

 

ハンドボールのように、敵と味方が入り乱れてプレーするスポーツでは、相手選手を妨害すること相手選手を振り払うことは、通常のプレーの中の「テクニック」です。「しつこく」つきまとう相手に対しては、自分の肘を張り、身体を防護するプレーは自然なものです。(私は高校時代に「体育」の授業で、毎週ハンドボールをしてました。)しつこく絡んでくる相手に対して、「肘打ち」に近い行動で振り払うのは当然です。

 

「日大のタックル問題」と、この「ハンドボールの肘打ち」を同じように捉え、「悪質なラフプレー」と同一に見る記者やメディアに対して「恐怖感」を覚えました。「何が正しいのか」判断できる目を持っていないのです。

 

マスメディアの役割は、世の中のことを「正しく伝える」ことです。しかし「正しい」判断ができない人が、メディアを使い偏見のある記事を広めることに「怖さ」を感じました。

 

スポンサーリンク

「正しさ」を育む環境

 

「正しさ」は、主観的な感情で判断されます。育った環境によって、その時代背景によって、常に基準が変わります。

 

しかし、「正しさ」を判断できる人は、幼い頃から、たくさん遊び、いろいろな友人と会話し、喧嘩してきた人たちです。他人と触れ合うことで、相手の気持ちを理解し、「正しさ」を判断できる「心」が育まれるのです。一流大学に入ろうと勉強ばかりしてきた人は、残念ながら「正しさ」を判断できません。

 

最近は、一流の大学を卒業した「高学歴」な人がマスメディアに登場することが多いです。相手の感情を傷つけることを平然と話す人も増えています。ジャーナリストやマスメディアが「正しさ」を持てなくなったら、かなり「怖い」世の中になります。

 

現在(2019年)はインターネットが発達し、誰もが情報を持てる社会です。そろそろマスメディアも大企業も、「高学歴」な人を幹部職員として優遇する人事制度は、廃止すべきです。特に、官公庁などは「正しさ」を判断できる「心」を持つ人の存在が最重要です。

コメント