スポンサーリンク
契約手続き

「請書」って何?「契約書」との違いは?必要とする根拠の解説

官公庁の契約手続きに必要な「請書」の解説です。「請書」は、どのような書類なのか、必要とする根拠法令、「契約書」との違い、「強制力」があるのか、変更契約はどうするのかなどを、実務面からわかりやすく解説します。「変更請書」も掲載しました。
2021.01.22
基礎知識

ここがわからない!「人件費」を簡単に計算するには「コツ」があった

「人件費」を概算で計算する方法です。官公庁の会計実務では、事業の費用を見積もるときや、契約金額の概算を把握したいケースがあります。業務従事者本人へ支払う給与の他に、雇用主が負担する「法定福利費」の計算が必要になります。
2021.01.22
基礎知識

知らなかった!「見積書」には2つの種類があった、営業担当にも必須

官公庁の会計実務で必要になる見積書についての詳しい解説です。見積書の正しい知識、参考見積書との違い、見積書の法的な役割、見積書の依頼方法、見積書のチェック項目、見積もり合わせ等をわかりやすく詳しく解説します。
2021.01.22
スポンサーリンク
営業担当

「営業成績」まで変える基礎知識、「見積書」と「参考見積書」を意識

営業初心者向けの「見積書」についての解説です。民間会社の官公庁向け「営業担当者」の基礎知識です。官公庁が必要とする見積書は大きく分けて2種類あります。契約の申し込みとなる「見積書」と、予算用の「参考見積書」です。使用目的の違いを解説します。
2021.01.20
契約手続き

「仕様書」の書き方がわからない? 作成するときの基本的考え方

官公庁の契約手続きに必要な「仕様書」についての解説です。一般競争入札や随意契約を行う際には「仕様書」が必要です。契約金額の少ない契約では、省略したり、簡単な記載で契約できることもあります。しかし、一定規模以上の契約では「仕様書」が必要です。
契約手続き

「仕様書の書き方」をわかりやすく解説、入札に必要な仕様書とは

官公庁の契約手続きに必要な「仕様書の書き方」です。入札を実施するときには必須の仕様書ですが、作成方法についての参考書は存在しません。そのため過去の書類を真似したり、悩みながら作成することになります。簡単に仕様書を作成できるよう解説します。
2021.01.16
給与謝金

面倒な「年末調整」こそ期限までに書類を集める、効果的な説得方法

年末調整の書類を提出してくれない人への説得方法です。給与事務担当者にとって、年に一度の悩みの種でもあります。給与の支払処理には期限があるのに、年末調整の書類を提出してくれない、「もう間に合わない」と板挟みになります。
2021.01.16
随意契約

なんと「相見積(合見積)」は違法?「見積合せ」との違いを知る

「相見積(合見積)」と「見積合せ」のわかりやすい解説です。官公庁(役所)との契約手続きでは、少額随意契約のときに、複数社の見積書で契約の相手方を決定します。ただし、「相見積(合見積)」は注意が必要です。昔は、談合に近い違法な手続きでした。
2021.01.16
基礎知識

「同一労働同一賃金」の「不合理」な待遇格差、最高裁の判決から

「同一労働同一賃金」の待遇格差、「不合理」についての解説です。2020(令和2)年10月、最高裁判所の判決がありました。正社員と非正社員の待遇格差について、旧労働契約法20条の「不合理」となるか、判決がありました。わかりやすく解説します。
2021.01.16
給与謝金

わかりやすい年末調整のしかた、年末調整を始める前の「基礎知識」

年末調整を始める前に知っておきたい基礎知識です。最初に基礎用語を理解しておくと、年末調整の勉強に役立ちます。年末調整は、会社員の所得税を確定させるための事務手続きです。毎年内容が変わるので、正しい年末調整を行いましょう。
2021.01.16
給与謝金

年末調整「配偶者の所得金額」がわからない! 収入と所得を理解

年末調整についての解説です。「収入」と「所得」の違い、「必要経費」を控除する理由、配偶者の所得金額の記載方法などを、わかりやすく解説します。また、健康保険の被扶養者収入要件との違いも簡単に解説しました。官公庁だけでなく、一般的な基礎知識です。
2021.01.16
契約手続き

請求書や納品書、見積書などが必要な理由、「契約書類一覧」の解説

官公庁(役所)の契約手続きに必要な書類一覧です。民間企業から取り寄せたり、契約実務担当者が作成する書類について、「なぜ必要なのか?」という視点からまとめました。契約書類の役割、必要とする根拠法令を確認したいときに役立ちます。
2021.01.16
会計法令の解説

「適法な請求書」とは? チェックポイントをわかりやすく解説

「適法な請求書」についての解説です。官公庁は、契約代金を支払うときに「請求書」に基づいて支払処理を行います。そして請求書の条件として「適法」であることが求められています。遅延防止法に定める「適法な請求書」の解説です。
2021.01.16
営業担当

「コンサルティング契約」で、官公庁(役所)との契約を獲得する

官公庁(役所)への営業のコツ、契約を獲得する方法など、コンサルティング契約をお受けします。実際に契約実務を担当していた視点から、官公庁との取り引きについてアドバイスします。新人社員の研修にも役立ちます。
2021.01.16
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました