「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」の簡単な経緯

スポンサーリンク
その他
富士山
その他

2020年は、今までに経験したことのない「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」により、日本中(世界中)が大きな打撃を受けました。感染拡大防止のため、官公庁の会計手続きについても、さまざまな対応策が通知されました。

 

主な経緯を参考にまとめました。

 

スポンサーリンク

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)主な経緯

 

2019(令和元)年
12月8日(日) 中国湖北省武漢市で、新型肺炎患者が発症

 

2020(令和2)年
1月16日(木) 日本で初めての感染者 神奈川県の男性

 

1月23日(木) 武漢市 封鎖

 

1月29日(水) マスクやアルコール消毒液が店頭から消える

 

2月3日(月) クルーズ船緊急帰港
豪華クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」乗客乗員3,500人が再検疫
乗客乗員のうち感染者20名、14日間の客室待機

 

2月26日(水) 総理から「大規模イベント」の中止要請
今後2週間、中止や延期するよう要請があった。野球、サッカーなどが延期、博物館などが休館

 

2月27日(木) 小中高校の休校を要請
総理から、全国すべての小中高校と特別支援学校について、3月2日から春休みに入るまで臨時休校するよう要請

 

2月27日(木)  国土交通省から、「新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた工事及び業務の一時中止措置等について」が通知
「受注者の責めに帰すことができないもの」として一時中止(3月15日まで)や設計図書等の変更を行うよう通知があった。いわゆる「不可抗力」と同じ取り扱い。

 

3月3日(火) 中小企業庁が「中小企業・小規模事業者」向けの対策要請
柔軟な納期・工期の設定・変更・迅速な支払や適切な予定価格の見直し、相談対応などを要請

 

3月10日(火) 自粛要請を延期
総理が、大規模イベントなどについて、今後さらに10日程度、自粛要請
マスク不正転売を禁止する政令が閣議決定、3月11日公布、15日から施行。

 

3月24日(火)オリンピックの延期(1年程度)を発表

 

3月29日(日) 志村けんさん(70歳)が亡くなる。

 

4月7日(火)緊急事態宣言 発令
東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県が対象、実施期間は4月7日から5月6日まで

 

4月8日(水) 武漢市 封鎖解除

 

4月16日(木) 緊急事態宣言が全国に拡大

 

4月23日(木) 岡江久美子さん(63歳)が亡くなる。

 

5月7日(木) 店先などでマスク販売を見かける
中国料理屋の店先などで1箱50枚入りで2,500円前後。いろいろな場所で見かけるようになった。ただし、大手の薬局では、まだ入荷なし。

 

5月25日(月) 緊急事態宣言解除

 

7月22日(水) 「Go To トラベル」キャンペーン、東京を除き開始。

 

7月23日(木) 東京都の感染者1日で過去最多の366人、検査数が多くなったことも影響している。

 

7月29日(水) 岩手県で、初めて2人の感染者が確認された。これで日本全国に感染。

 

8月20日(木)分科会 尾身会長が「流行はピークに達した」と会見

 

8月29日(土)マスク、アルコール消毒液の転売規制が解除

高額な転売禁止は、3月15日からマスク、5月26日からアルコール消毒製品が対象。

 

スポンサーリンク

日本の感染者数の推移

 

以下は、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号、乗客乗員3,500人」を除いた人数です。

 

2020(令和2)年
2月6日(木) 感染者 45人

2月25日(火) 感染者 157人

3月9日(月) 感染者 502人

3月25日(水)感染者 1,290人、死亡者数 45人

4月1日(水)感染者 2,178人、死亡者数 57人

4月8日(水)感染者 2,806人、死亡者数 81人

4月10日(金)感染者 5,347人、死亡者数 88人

4月15日(水)感染者 8,100人、死亡者数 119人

4月22日(水)感染者 11,496人、死亡者数 277人

4月29日(水)感染者 13,852人、死亡者数 389人

5月6日(水)感染者 15,354人、死亡者数 543人

5月13日(水)感染者 16,024人、死亡者数 668人

5月27日(水)感染者 16,651人、死亡者数 858人

6月10日(水)感染者 17,251人、死亡者数 919人

6月24日(水)感染者 18,024人、死亡者数 963人
アメリカでは、感染者数が263万人、死亡者数が12万人です。ニューヨーク州が一番多いです。人口を比較すると日本の2.6倍なので、日本の感染者が圧倒的に少ないのがわかります。(アメリカの人口 3億3千万人 日本の人口 1億2千万人)仮に、アメリカの人口から単純に計算すると、日本の感染者数は100万人を超えることになります。

 

6月4日、財務大臣が「民度のレベルが違う」と発言しましたが、たしかに、「日本は、どうして少ないんだろう?」と思います。(私は「水がきれい」なのが理由では、と思っています。日本の水は、世界一きれいで、豊富で美味しいです。)

 

7月から第2波による感染が拡大し、8月7日(1日あたり新規陽性者数1,605人)、ピークを迎えました。しかしPCR検査を積極的に行うようになり、検査数が急増したことも影響しています。PCR検査数は、6月30日は1日あたり7,899件でしたが、8月6日は、32,122件実施しています。約4倍の検査数なので、陽性者数が増えるのは当然です。ただ、世界と比較すると日本が少ないのは不可解で、「ファクターX」があると言われています。

 

8月7日(金)感染者 45,894人、死亡者数 1,043人

9月9日(水)感染者 73,331人、死亡者数 1,412人


本サイトの「電子書籍」販売中!


「見積書って、どうやって依頼するの?」

「予定価格の作り方が、全然わからない!」

「どうやったら仕事が覚えられるのだろう?」


初めて担当する仕事は、わからないことばかりです。


例えば、新人のときは、見積書を取り寄せるだけでも、大変な仕事です。何しろ、中学や高校では何も教えてくれませんでした。


上司から「見積書を取り寄せてください。」と指示されても、初めて経験することであれば、どのようにすればよいか、全くわかりません。
会計法令では「見積書が必要」と定められていても、では実際に、どのように手続きを進めれば良いかわからないのです。電子メールで依頼するのか、電話で依頼するのか、依頼文の内容はどう書けば良いのかなど、具体的なことがわからないのです。


本書籍は、これらの実務上の疑問を解決するための書籍です。「実務経験者が実務担当者向け」に、わかりやすく具体的に解説しています。40年間の実務経験を集約し、実例を用いながら解説しました。実際の書類作りのノウハウを、すぐに学ぶことができます。ノウハウを学ぶことで、仕事を早く理解できるようになり、わからない仕事が少なくなります。


官公庁(役所)で働く人や、官公庁向け営業担当者に役立つ書籍です。


誰でも、初めての仕事は不安なものです。「経験がなく」知識が不足するため不安になります。知識として「書類の作り方」を知っていれば、不安になりませんし、ミスもしません。経験に基づく知識は学ぶことができます。書類作りをマスターすれば、仕事に追われることがなくなり、余裕が生まれてきます。そして毎日が楽しくなってきます。さらに同僚や上司からも信頼され、友人まで増えてきます。


本書籍は、官公庁の会計実務について、いろいろな視点から解説しています。わずか数分のスキマ時間だけで、しっかりと学ぶことができます。 なお紙の書籍は、印刷経費が高くなってしまうので、販売していません。多くの方へ、安くお届けしたいので、電子書籍のみです。


「わからない!」そう思ったときが学ぶチャンスです。疑問などは、ひとつひとつ解決しましょう!迷っている時間さえ、もったいないです。さあ、すぐに始めましょう!


電子書籍のくわしい内容(目次など)については、こちらに記載してあります。本サイトの「電子書籍」



誰も教えてくれない官公庁会計実務1,250円


官公庁会計実務の基礎用語 980円


スポンサーリンク
誰も教えてくれない官公庁会計実務

コメント

タイトルとURLをコピーしました